家賃滞納から強制退去

賃貸物件の家賃支払いは、毎月のように家計の負担になるものです。決まった額を継続的に支払ってきた人にとっても、ときには予定外の出費があって家賃の支払いが厳しくなることがあります。家賃の支払日は、原則として守るのが肝心。物件によっては、数日滞納しただけで、厳しい督促が始まるところもあります。そうはいっても、家賃を滞納したから、即強制退去させられるかというと、そんなことは滅多にありません。なぜなら、大家が借り主を強制退去させるには、法的手続きを踏まなければならないからです。

大家さんが借り主に強制退去を命じたい場合、裁判所を通して建物明渡を求める訴えを起こす必要があります。借り主に届いた訴状には、訴えの内容と裁判の日時や場所が記されています。こんな訴状が届いた時点でドッキリしますが、訴状に同封された答弁書に記載をして返送したら、初回の裁判には欠席をすることが可能。

弁護士などの代理人に依頼した場合は、2回目以降も本人は欠席可能です。裁判を経て、裁判所から建物明渡を申し渡されれば、貸し主は借り主に強制退去してもらうことができます。3ヶ月程度の猶予を設けるのが一般的ですから、その間に引越資金を調達して次の住居を探すのが妥当です。