家賃滞納時の対処法

家賃を滞納してしまったとき、大家さんが優しいからといって甘えっぱなしでいるのは考えものです。実は大家さんも困っていて、いきなり最終手段の裁判所訴えに出られてしまうこともあります。そんなことになれば、即強制退去にもなりかねません。何とかして、一日も早く家賃を支払う手段を考える必要があります。

家賃を滞納したら、まずしておきたいのが、大家さんへの相談です。何も言わずに滞納日数が重なることだけは、避けておくこと。信用問題にかかわりますから、遅れていた家賃の支払いをしても、もう退去してほしい借り主になってしまう恐れがあります。大家さんによっては、相談すれば、支払いを分割にするなど、交渉に応じてくれる可能性もあり。それでも支払いが難しい場合は、強制退去の勧告をされても対応できるように、準備を整えておきましょう。

強制退去の勧告は、裁判所から契約解除および明け渡し請求が、裁判から約3ヶ月後に届きます。大家さんにしてみれば、相当な余裕を借り主に与えてあげていることになります。次の引っ越しのために資金を調達する目的でキャッシングを利用するのも一案ですし、それ以前に滞納した支払いをカバーするために、キャッシングを一時的に利用する方法も考えてみる価値があります。