Monthly Archives: 7月 2017

キャッシングで家賃支払い

家賃を滞納しそう、あるいは既にしてしまったとき、キャッシング利用をして不足したお金をカバーすることに抵抗がある人もいます。キャッシングは、逮捕のように前科となるようなことではありません。むしろ、返済期日を守って返済すれば、個人の信用情報も上がります。返済するのに不安があるから、キャッシングにリスクを感じてしまう人もいるかもしれません。計画的に利用すれば、キャッシングにリスクはないのです。

家賃の支払いに不足したお金をキャッシングでどうにかしようという場合、一時的な利用と考えれば気が楽になります。必要な額だけを借りて、収入があり次第すぐに返済すればよいのです。キャッシングは、1日ごとに利息が積もる計算。早く返済すればするほど、低い利息で支払いを終えられます。
消費者金融会社によっては、初回無利息サービスを行っているところもあります。

初めて利用する人に限り、一定期間、無利息でお金を借りられるのです。ほとんどの場合、30日間が無利息期間となりますから、その間に返済を済ませれば、全く損することがありません。理想は、家賃を滞納する前に支払いをすること。家計がどのような収支になっているか、常に気を付けておくことが大切です。

家賃滞納時の対処法

家賃を滞納してしまったとき、大家さんが優しいからといって甘えっぱなしでいるのは考えものです。実は大家さんも困っていて、いきなり最終手段の裁判所訴えに出られてしまうこともあります。そんなことになれば、即強制退去にもなりかねません。何とかして、一日も早く家賃を支払う手段を考える必要があります。

家賃を滞納したら、まずしておきたいのが、大家さんへの相談です。何も言わずに滞納日数が重なることだけは、避けておくこと。信用問題にかかわりますから、遅れていた家賃の支払いをしても、もう退去してほしい借り主になってしまう恐れがあります。大家さんによっては、相談すれば、支払いを分割にするなど、交渉に応じてくれる可能性もあり。それでも支払いが難しい場合は、強制退去の勧告をされても対応できるように、準備を整えておきましょう。

強制退去の勧告は、裁判所から契約解除および明け渡し請求が、裁判から約3ヶ月後に届きます。大家さんにしてみれば、相当な余裕を借り主に与えてあげていることになります。次の引っ越しのために資金を調達する目的でキャッシングを利用するのも一案ですし、それ以前に滞納した支払いをカバーするために、キャッシングを一時的に利用する方法も考えてみる価値があります。

家賃滞納から強制退去

賃貸物件の家賃支払いは、毎月のように家計の負担になるものです。決まった額を継続的に支払ってきた人にとっても、ときには予定外の出費があって家賃の支払いが厳しくなることがあります。家賃の支払日は、原則として守るのが肝心。物件によっては、数日滞納しただけで、厳しい督促が始まるところもあります。そうはいっても、家賃を滞納したから、即強制退去させられるかというと、そんなことは滅多にありません。なぜなら、大家が借り主を強制退去させるには、法的手続きを踏まなければならないからです。

大家さんが借り主に強制退去を命じたい場合、裁判所を通して建物明渡を求める訴えを起こす必要があります。借り主に届いた訴状には、訴えの内容と裁判の日時や場所が記されています。こんな訴状が届いた時点でドッキリしますが、訴状に同封された答弁書に記載をして返送したら、初回の裁判には欠席をすることが可能。

弁護士などの代理人に依頼した場合は、2回目以降も本人は欠席可能です。裁判を経て、裁判所から建物明渡を申し渡されれば、貸し主は借り主に強制退去してもらうことができます。3ヶ月程度の猶予を設けるのが一般的ですから、その間に引越資金を調達して次の住居を探すのが妥当です。

家賃滞納と消費者金融

家賃の支払いは、どんな額であろうと楽ではないもの。突発的な出費があったときなど、うっかり滞納しそうになり、慌てることもあります。何らかの問題が発生して家賃を滞納しそうなとき、あるいは既に滞納してしまっているとき、すぐに収入のあてがない場合はキャッシングの一時利用などを検討するのも一つの方法です。

家賃を滞納してしまうと、大家さんから取り立ての請求が始まるのが普通です。大家さんにもよりますが、かなり厳しい貸し主では、1週間ほど家賃を滞納しただけでも強制退去を促してくるようなケースがあります。強制退去を迫られたからといって、それが法的な手段を経ているわけでなければ、すぐに退去する必要はありません。ただし、裁判を起こされたら、一定の期間までに強制退去しなければならない可能性も出てきます。そこで、滞納している家賃の支払いをする方法にキャッシングの選択肢があることを覚えておきたいのです。

大家さんが裁判所に訴状を出し、裁判で強制退去を申し渡されると、約3ヶ月後に物件の明渡請求と契約解除の通知が届きます。この間に、次の住居を探しておく必要があります。引っ越しのための資金がない場合は、キャッシングを利用する手もあり。その前に、滞納した家賃を支払うために、キャッシングを利用してもよいのです。

消費者金融会社が提供する、初回無利息キャンペーンを利用するのも良い方法です。一定期間内に返済すれば、何の損もなく、滞納しそうだった家賃の支払いも解決できます。