家賃滞納と消費者金融

家賃の支払いは、どんな額であろうと楽ではないもの。突発的な出費があったときなど、うっかり滞納しそうになり、慌てることもあります。何らかの問題が発生して家賃を滞納しそうなとき、あるいは既に滞納してしまっているとき、すぐに収入のあてがない場合はキャッシングの一時利用などを検討するのも一つの方法です。

家賃を滞納してしまうと、大家さんから取り立ての請求が始まるのが普通です。大家さんにもよりますが、かなり厳しい貸し主では、1週間ほど家賃を滞納しただけでも強制退去を促してくるようなケースがあります。強制退去を迫られたからといって、それが法的な手段を経ているわけでなければ、すぐに退去する必要はありません。ただし、裁判を起こされたら、一定の期間までに強制退去しなければならない可能性も出てきます。そこで、滞納している家賃の支払いをする方法にキャッシングの選択肢があることを覚えておきたいのです。

大家さんが裁判所に訴状を出し、裁判で強制退去を申し渡されると、約3ヶ月後に物件の明渡請求と契約解除の通知が届きます。この間に、次の住居を探しておく必要があります。引っ越しのための資金がない場合は、キャッシングを利用する手もあり。その前に、滞納した家賃を支払うために、キャッシングを利用してもよいのです。

消費者金融会社が提供する、初回無利息キャンペーンを利用するのも良い方法です。一定期間内に返済すれば、何の損もなく、滞納しそうだった家賃の支払いも解決できます。